症例報告  顔面痙攣

顔面痙攣   71歳   男性

約3年前から誘因なく、左顔面部目元から口元にかけて

ピクピクと引っ張られるような症状が出現。

しばらく様子をみていたが、改善されず大学病院受診。

脳の腫瘍を疑いMRI撮影するも異常所見なし。

「顔面痙攣」と診断される。

大学病院にて、痙攣を抑えるボトックス注射を受けていたが、

副作用でドライアイがひどくなり中断。

当院にて鍼灸治療を希望し、来院。

 

治療は顔面部のツボと首から背中のツボ。顔面部に関係する

手のツボを月に3回程鍼灸治療を行いました。

治療5回目でドライアイはほぼ改善されましたが、

疲れ、睡眠不足がある時は目元から口元の筋肉がピクピクと

不随意的に痙攣するということが続いていました。

できるだけ疲れを翌日に持ち越さないように指示し、

5~6ヶ月続けていくうちにそれらも徐々に改善されました。

 

この疾患は中年以降に好発し、腫瘍、血管奇形などが原因の

場合もあるが、多くは脳幹部より顔面神経が出る部分への

血管による圧迫が原因と言われています。

 

脳に大きな病変があれば、専門施設でそれらの治療を優先すべきですが、

検査して大きな問題がなければ、鍼灸治療を試す価値は大いにあります。

顔面神経麻痺、三叉神経痛(俗にいう顔面神経痛)も同様です。

 

気になる方はお気軽にご相談くださいネ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL