これからの梅雨に備えて

今年は五月にして早、梅雨入り

湿気などで体調が優れない方も
いらっしゃるのではないでしょうか?

この時期には特に高温多湿になるため、
体の中には水が溜まりやすい状態になります。

症状としてはお腹が張る、
身体がだるい、手足のむくみ、頭が重だるい、みぞおちの痞え、

重苦しさ、口が粘るなどが出現します。

東洋医学の五行では、脾(胃腸など)が湿気に弱いとされています。

緩和する食材として、卵、大豆、かぼちゃ、じゃがいも、たまねぎ、

レモン、パイナップルバナナなどの黄色の食材が有効です。

うっとうしい梅雨、そしてコロナに
負けない体づくりを目指しましょう

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL