症例報告  難聴 耳鳴り 耳の閉塞感

右突発性難聴 難聴 耳鳴り 耳の閉塞感  44歳 女性

 

5カ月前より、突然右耳が聞こえなくなり、耳鳴りも同時に発症。

すぐ近くの耳鼻科受診し、「感音性難聴」と診断される。

病院の投薬治療によって、徐々に難聴、耳鳴りは軽減していたが

耳の閉塞感が強く残るため、当院受診。

 

この患者さんは仕事柄、精神的に緊張が強く

触診すると、胸鎖乳突筋(首の前の筋肉)、側頭筋(こめかみの筋肉)が

ガチガチに固くなっていました。

治療はそれらを緩めるようにと耳周囲のツボ、手足の耳に関係のあるツボに

2週間に1回、鍼灸治療を受けていただき、5回目でほぼ、難聴、耳鳴り、

耳の閉塞感は改善され、「耳がクリアになった」とおっしゃってました。

 

現在は月に1回、メンテナンスとして鍼灸治療と

以前から歪みも気になっていたので全身の整体も受けておられます。

老人性の耳鳴り、難聴は鍼灸治療で軽減できますが、

完全治癒は難しいという印象です。

しかし、若い方なら鍼灸治療や全身の整体で十分改善可能です。

 

気になる方はお気軽にご相談くださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL