症例報告  腰部脊柱管狭窄症

    腰部脊柱管狭窄症   81歳     男性

 10年程前から誘因なく腰から左太もも裏、ふくらはぎにかけて

痛みとしびれが出現し、歩行時、数100メートル歩いたら

痛みでしゃがんでしまう現象(間欠性跛行)が出現。

 近くの整形外科を受診し、「腰部脊柱管狭窄症」と診断される。

3ヶ月程、電気治療、牽引治療をしていたが、効果が乏しく、

自身で通院を中止した。

他に良い方法はないものかと思案していたら、知人が当院を

教えてくれたので来院。

治療は腰から股関節周りのストレッチ、胸椎、腰椎、仙腸関節の

動きをつける手技 + お灸を背中、腰、左足に行いました。

お灸といってもやけどするような熱いお灸ではなく、心地良い

熱さのせんねん灸です。

 週に1回程治療を行い、1か月程はあまり効果は感じなかったが

2ヶ月程経過してから、歩行の距離が少しずつ伸びてきて、痛みで

しゃがみ込むことが少なくなってきました。

3ヶ月経過後は自宅から当院までの約1㎞の道のりを歩いて、

しゃがむことなく来れました。

 脊柱管狭窄症とは、脊髄の神経が通る脊柱管があり、その脊柱管が

加齢などによって狭くなって、腰の痛みや足のしびれなどを

引き起こす病気です。

50歳代から徐々に増え始め、高齢者の10人に1人は脊柱管狭窄症と

言われています。

もちろん、鍼灸で狭くなった脊柱管が広がるわけではありませんが、

血流を良くしたり、神経の通りを良くしてあげると痛み、しびれの

緩和に大いに役立ちます。

気になる方はお気軽にお問い合わせくださいネ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL