症例報告  肋間神経痛

症例報告   右肋間神経痛   49歳   男性

 

1週間前から誘因なく、右胸部~脇部、背部にかけて疼痛出現。

湿布などで様子をみていたが、疼痛変わらず、歩行時の痛み、

寝返りなど体位変換時にも疼痛出現してきたため、当院受診。

 当初は最近コロナワクチン後に多い帯状疱疹を疑いましたが、

発疹もなく、3回目のワクチンも打ってない為、帯状疱疹は除外。

(私も7~8年前に帯状疱疹に罹ったことがありますが、背部に

発疹ができて痛みと痒みを伴います)。

転倒、壁にぶつけたなどの外傷、スポーツによる体幹の捻転等も

ないことから、「肋間神経痛」と判断。

 施術は体全体の免疫を上げる施術 + 右背部に針とお灸、

特に痛みが強い胸部と脇腹にかけて電気針を施しました。

施術ごとに少しずつ痛みは軽減し、当初にあった右腕を上げた際の痛み、

体を捻った際の痛みも消失してきました。

5回目の施術で寝返り等の体位変換時の痛みもほぼ消失したので

施術は終了としました。

 この患者さんは元々当院の近所にお住まいで、以前から

肩こりなどで度々来られていました。

しかし、半年前から東京勤務になり、今回の肋間神経痛を

発症しました。

東京には奈良よりたくさん治療院があるにも関わらず、

わざわざ帰省してまで当院の施術を受けてくださり

感謝です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL