症例報告  坐骨神経痛

    坐骨神経痛      65歳     男性
 1ヶ月前、サイクリングをしていて腰から右膝外側にかけて

疼痛及びシビレ感が出現。

近くの病院にて、X線、MRI撮影→「軟骨がする減っている」と言われ、

坐骨神経痛」と診断された。

 

湿布薬と痛み止め、胃薬を処方され、1週間後の来院を指示される。

しばらく様子をみていたが、自力で歩くのも困難なため、当院受診。

 

この患者さんはご家族に抱えられて来られ、当院に来られた時は、

痛みで腰がまっすぐ伸びず、直立できない状態でした。

右腰、右大腿外側の痛みもひどく、右大腿部の感覚が左側に比べ、

かなり鈍くなっているとのこと。

 

治療は手足のツボと患部を中心に針とお灸を行いました。

治療終了後、ベッドから起き上がって帰る時は、くの字に

曲がっていた腰がだいぶ伸びるようになっていました。

 

 3日後に来院された時は、痛みと右足のシビレは半減していました。

5回の治療でシビレと右大腿部の感覚鈍麻はほぼ正常に戻り、

6回目からは、腰の歪みやストレッチ、歩き方の指導などを行っています。

 

コロナの自粛によって、運動不足になり、少し陽性者が落ち着いて

きたことにより、急に体を動かすことによって腰や膝を痛める方が

増えています。

今まで定期的に体を動かしていた方が、自粛などで急に体を動かさなくなると

ご自身が思っている以上に、関節が固くなり、筋力も意外な程、低下します。

この方もそうでした。

運動するのは素晴らしいことですが、焦らず、徐々に戻していきましょう!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL