症例報告  不妊

不妊症  女性  40歳(自然妊娠を希望)

 

10年前にご結婚され、すぐに1人目を妊娠・出産。

2人目をどうするか、数年迷っていたが、やっぱり授かりたいと(しかも自然妊娠で)

決意し、約2年前にご相談を受け、施術開始。

この方は以前から肩こり・腰痛があったので、何かあったらすぐにご来院いただいて

いたので骨格矯正などの整体はよく行っていました。

 

しかし、30代後半で妊娠するとなると、生活習慣や体質を変えないと難しいですよと

お伝えさせていただきました。

そこで妊娠しやすい体質に変えるということを主眼におき、「鍼灸施術」を

ご提案させていただきました。

 

この方の体質は東洋医学でいう「瘀血」という血の巡りが悪くなっている

状態でした。

耳慣れない言葉ですが、古くは悪血、畜血、古血ともいわれ、慢性症状の体質的要因に

深く関わっており、これなくして根本的な治癒はあり得ないといわれています。

特に腹部瘀血が顕著だったので、それらを改善する手足のツボと背中のツボに鍼施術を行いつつ、

腹部の冷えと足の冷えもあったのでそれらのアプローチを灸施術にて

徹底的に温めました。

 

また以前からの肩こり・腰痛もあったので、鍼灸と整体を体調に合わせて取り入れて

治療を進めていきました。

 

体質改善を目的に月に2~3回を数ヶ月治療を進めていくうちに、下腹部の冷えが

なくなってきました。

また腹部瘀血の目安である、腹部の圧痛、拍動もだいぶなくなってきて、施術後は

体がぽかぽかするとのこと。

そして、月によって乱れがちだった月経周期もだいぶ整ってきました。

 

しかし、やはりそう簡単にはご懐妊には至りませんでした。

そこで、生活習慣として

① お風呂でしっかり体を温める。

② 冷たいものを極力摂らない。

③ 旬の物を意識して摂る。

④ 添加物・加工品は極力摂らない。

⑤ 葉酸を意識して摂る。

葉酸とはタンパク質や細胞をつくる時に必要なビタミンB群の一種でビタミンB12と

共に働いて造血を助けます。

ほうれん草、菜の花、春菊、芽キャベツ、小松菜、枝豆、アスパラガス、レバー、うなぎ

などに多く含まれます。

妊娠中はもちろん妊娠を望まれる方も必要です。

 

⑥ トランス脂肪酸は極力摂らない。

トランス脂肪酸とは、液体状の植物性油脂に水素を添加し、固形化したマーガリンなどに多く含まれます。

心臓疾患、前立腺がん、乳がん、糖尿病、うつ病、アレルギー、アルツハイマー、

不妊、流産との関係が世界中で指摘されています。

 

上記①~⑥をできるだけ意識して実践していただきました。

そして数ヶ月経過、いつもの月経が来ないので念のため、市販の妊娠検査薬を試したところ、

なんと陽性反応とのこと。

数日後、産婦人科受診。

子宮内妊娠しているも、まだ日が浅いので胎嚢のみで胎芽は確認できず後日受診。

その後、妊娠8週目にして、胎芽と心拍を確認できました。

 

 現在はつわりが出ているため、

鍼灸施術にてケアさせていただいています。

 

参考までに20代の自然妊娠率は約20~15%

30代前半は約20~15%

30代後半は約10%

40代は約5%以下だそうです。

 

正直、40歳になってこの方は自然妊娠は半分あきらめかけていたと、おっしゃって

いましたが、子宮・卵巣内に問題がなければ、あきらめずにしっかりとより良い

環境を整えれば、自然妊娠も可能なんだと勉強させていただきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL