灸の良さって?

こんにちは。

今日はお灸についてお話させていただきます。

「お灸」と聞くとほとんどの方が

「熱そう」「怖そう」「やけどしそう」と

昔からのイメージがありますよね?

 

しかし、それは大きな大きな誤解です。

現代のお灸の多くは心地良い

程よい温もりで温度調節が可能なんです。

当院のお灸はせんねん灸、直接灸(昔ながらの艾をひねるお灸)、

灸頭鍼、枡灸の4種類を患者さんの症状、部位によって

使い分けています。

 

よく患者さんに聞かれるのが市販のせんねん灸は効果がありますか?

という質問なのですが、結論をいうとツボが合えばせんねん灸でも

十分効果が出ます。

しかし、鍼灸施術においてツボを取るというのはものすごい重要で

ツボが外れたら、いくら上手に鍼や灸をしても効果はありません。

鍼灸学校では取穴実技というツボを探す実技が一年間通して

行われるぐらいです。

ツボを取るのはそれぐらい重要ということです。

なので、市販のせんねん灸で一般の皆さんがツボの図を見て、

治療効果を出すのは正直難しいですが、

せんねん灸は仮にツボが外れても特に体に害はありません。

だから、市販でも買えるのです。

それにせんねん灸はリラックス効果や保温効果があるので

やらないよりやった方がいいというのが

私の意見です。

 

お灸は痛みを和らげるだけではなく、

継続することで冷えの緩和、虚弱体質、アレルギー体質の改善、免疫力向上など

急性、慢性問わず様々な疾患に効果があります。

 

お灸ももちろん、国家資格を取得した

「鍼灸師」が行うのでご安心ください。

少しでもご興味があればお気軽にご連絡くださいね。

 

スマホの方はピンチアウト(親指と人差し指で画面を拡大する動作)

していただくと下記の推薦文がよく見えますよ。

 

 

少しでもお灸の良さが広がりますように。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL