まほろば巡り in 伊吹山

[まほろば]という言葉のルーツ

 

先日、ゴールデンウィークを利用して

以前より行きたかった、いや行くべきであった

伊吹山に行ってきました。

大和は国のまほろば

たたなづく青垣

山ごもれる

大和し うるわし

 

その昔、景行天皇の皇子、

ヤマトタケルノミコトが天皇の命を受け、

東国を平定して大和へ帰る途中、草薙の剣を持たずに

伊吹山の神と戦って力尽きました。

その死ぬ間際に故郷の奈良を偲んで詠った詩です。

 

大和は国の中でいちばん良いところである。

幾重にも重なり合った青い垣根のような山々に囲まれた大和は

本当に美しいところである。

 

患者さんに「まほろば」ってどういう意味なん?ってたまに聞かれます。

実はこの詩から引用したものなのです。

dav

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL